2020年02月25日

ダイニチファンヒーターの分解清掃

購入してから10年以上は経つ、ダイニチ製の灯油ファンヒーターが点火しにくくなった。 だましだまし使っていたところ、ついにエラーメッセージであるE02が表示。これはいよいよ水抜きだけではダメだなと思い、ネットを検索すると修理方法発見。 それほど難しくはなさそうなのでチャレンジした。 同じ症状に悩み、買い換えを考えてる人に役立てば幸いです。

と、その前に。

水抜きはしましたか?

一般的に「ファンヒーターが点火しにくくなった。点火しても、なんだかひどくくさい」 という場合、まず水抜きをしてみましょう。 知らず知らずのうちに灯油受け皿部分に水が溜まり、それが不具合の原因になることが一番多いようです。通常、シーズン後にヒーター片付ける際にやるべき手順だそうで、なるほど取説にも書いてある。 知ってました?やってます? やってる人少ないですよね。 はい、私もしてませんでした。

水抜きの方法は

  1. 灯油缶を取り出し、灯油を最後まで使い切る。
  2. ファンヒーター内部に溜まった灯油をボロ切れなどを使ってきれいに拭き取る。
  3. しばらく放置して乾燥させる。

灯油缶をセットし、しばらく置いてから運転。 これで問題解決されれば以下の分解清掃は必要ありません。やってもいいけどさ。

E02というエラーメッセージが表示されて消えてしまう場合

ファンヒーターはヘアスプレーなどに含まれるシリコンが大敵。これがセンサー部分に付着すると、センサー異常を起こしてしまうのだとか。なのでファンヒーターの前で髪を乾かすなどはしない方がいいらしい。

と、能書きはいいのでやってみよう。

なお、当然ながら自己責任でお願いします。別段これといって専門的な作業はありませんけどね。

用意する道具

  • ドライバー(プラスマイナス両方)
  • 紙やすり(400番くらいの荒目で充分。あまり目が細かいと時間がかかる)
  • ボロ布、掃除機などの掃除用具

001

これが今回分解清掃するダイニチのファンヒーター。型番はFW-552L。おそらく10年は使っているはず。

黄色矢印部分のねじを外します。

0015

割と簡単にカバーが外せます。

次にこの、燃焼部分のカバーを外します。

002

 

003

ねじを二か所外し、

 

004

ここにフックのようなものがあるので、マイナスドライバーで起こします。

 

0045

こんな感じ。

005

外れました。燃焼部分が見えます。

006

これが問題部分のセンサー。 シリコンだか何かが付着して真っ白になってます。曲げないよう注意しながら、紙やすりで磨きます。ごしごし。

ごしごし。

ごしごし。

最初、びびって1000番くらいの細かい目でちまちまやっていたら、そんな細かい目ではなかなか取れないので、途中から400番に変更。

がしがし。

5分くらい磨くと、

007

こんな感じになった。 まじめな人はもうちょっと磨くでしょうけど、ゴーイングマイウェーで。

分解したついでだから左側の着火装置も軽く磨きましょうか。 ごしごし。

灯油缶を戻し、灯油が行き渡るまでしばらく待って、ドキドキしながら試運転。

011

一発点火。ばっちぐー(死語)

分解したついでに、裏のファン部分も外して掃除しよっと(はぁと)

009

うぎゃー。まるで腐海。ナウシカがメーベに乗って飛んでいます。(飛んでない)

010

終了。

posted by ちゃきん at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録

2016年10月10日

さよならマイカー(3)

というわけで、オリジナルのプラモデルボディを切ったり削ったり。

PA060004

バンパー両端の羽のような部分は、余計な部分を削った後、エポキシパテを盛っていきます。

PA060009

PA090011

ついでに、中央の開口部左右の形もちょっと違うので、マイカーのごとく広げます。わかるかな?

同じ作業ばかりやっていると気が滅入るので(笑)、ガラス部分にマスキングなどして気分転換します。

数年前からタミヤのモデルは、めんどうなガラス部分のマスキングテープも形つきで付属しています。
このモデルはまだ幾分初期のためか、自分で線に沿ってカットしなければいけませんが、最近は、それこそシールのようにはがして使えるようです。

PA100051

 

とりあえずここまで。

posted by ちゃきん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録

さよならマイカー(2)

さて、買ってきたプラモデルをそのまま何の疑いもなく作っていたあの時期は、あれは過去のこと。もう、終わったのよ−。 るるるー。らららー。

実は、プラモデルはデビュー初期の形のもの。 我が家のクルマは後期モデルのため、外観が少々ちがっています。たとえばフロント部分だけでも、

↓初期型ベースのプラモ

DSC_818001

 

↓実際の私クルマ

PA100021

 

さて、明らかに違うところがとりあえず3カ所あります。 どこでしょう。

ちくたくちくたくちくたく・・・・

はい。時間終わり。

最低限、修正したいところが、いくつかあります。

DSC_8180

1、ホンダエンブレムの左右に羽のようなものがついている。

2、バンパーの形状が異なり、端に膨らみがある。

3、バンパー中央部の空気取り入れ口が二段から一段になっている。

 

さて、ベースのボディをいろいろいじります。

posted by ちゃきん at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録

さよならマイカー(1)

我が家のクルマがもうすぐ11年目、13万キロを迎えようとする今。 買い換えることにしました。

-----

二年ほど前に、たまたま電気店で我が家のクルマのプラモデルを見つけ、それこそ小学生の時以来のプラモデル製作をしました。 それからちまちまと今まで続いていました。 途中で子供の時には買えなかったエアブラシなども買い、なんとなくいっぱしのおやじプラモデラーの入り口に立った気になっています。

さて、プラモ作りのきっかけになった、いちばん最初の作品がこちら。

DSC_8179

さて、11年近くお世話になったこのクルマを手放すにあたり、やはりもう一度、今の私の、

ちょっとだけだけど、

ほんのちょっとばかり向上した今の技術で、あらためてこのクルマのプラモデルを作り、遺してあげたいなと思ったわけです。

 

っちゅうわけで、このブログで初のプラモデル製作記、いっちゃうよ。

(といいつつ、この記事で止まったら指さして笑ってくれ)

posted by ちゃきん at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録

2016年03月28日

瀬波温泉と村上人形さまめぐりの旅に行ってきた。

12月末から2月末までは正式な休みが無い状態だった私のために、嫁が25、26日と一泊温泉旅行をプレゼントしてくれた。

宿泊は瀬波温泉の汐美荘。

P3250070

近くの村上市の商店街では、この時期恒例となった「人形さまめぐり」もやっている。 以前は毎年行っていましたが、ここ三、四年行ってないなぁ。ということで決めたそうだ。

しかし25日はあいにくの天気。三月も末だというのに気温は1〜3度で新潟市からして雪がちらついていた。なんでやねん。

嫁はオプション料金をプラスして、貸し切り風呂も予約してくれていた。とても気持ちいいー。

IMG_0851

貸し切り風呂は2種類。 湯船の形で「かく」と「まる」があり、私が入ったのは写真のとおりの「まる」。雲が多かったものの、窓から夕日が見られた。

日没の時間になると、ホテルロビーにてサービスカクテルが振る舞われていた。

P3250116

 

 

IMG_0861

あいにくの雲が多い天気。夕日はすっきりとは見えなかったものの、これはこれでなかなかよい景色を部屋から見ることができた。

夕食はボリュームもあり、おいしかったです。ごちそうさまでした。

P3250135

 

IMG_0866

今回はホテルが企画している「人形さまめぐり」ツアーで参加。そのため26日はホテルが用意してくれたクルマおよびガイド付きで、九重園などいくつかのお店を周り、人形さまめぐりを楽しんできた。でもやっぱりまだ寒いので、鼻水も出るぜ。

P3260165

茶舗「九重園」の人形。古いものでは江戸時代のおひな様なども展示。

 

P3260203

「吉川」のひな人形。この村上町屋商店街人形さまめぐりを最初に企画したお店。 村上特産の鮭を加工した商品を販売しており、この日もたくさんの人で賑わっていた。

 

P3260187

これは期間限定で公開している「吉川」店主の自宅、「浪漫邸」に飾られているウズベキスタンの土人形。表情がユーモラスで、造形もとても細かい。壊れやすいためにウズベキスタンから持ち帰るのにくろうするとのこと。

お昼は汐美荘にもどり、ツアーに含まれている昼食の「はらこ(いくら)丼」を堪能。

P3260214

昼食後に宿とさよならして、今度は自車にて再度村上の商店街、人形さまめぐりへと向かう。

 

P3260237

こちらも鮭など海産物加工品をあつかうお店、「うおや」の人形。 ちなみに村上の塩引き鮭には他と違う約束事が二つある。ひとつは頭を下にしてつるすこと、もう一つは城下町の名残からか「切腹のようで縁起が悪いので、鮭の腹は完全には切り開かない」という伝統というか、お約束がある。 確かに民家の軒先につるされている鮭もそのように加工されている。 だが、うおや はそういったお約束を全く無視してばっさり腹かっさばいているところがなんとも潔い。

P3260231

四年ほど来ていなかったうちに、新しくできたお店や、あるいは改装をしたお店がかなりあり、新鮮な気分で旅行を楽しむことができた。

P3260226

ここはそんな新しい場所のひとつ。大町文庫。 創設者は地元のお医者さんだが、高校時代の恩師が遺された膨大な蔵書を譲り受け、展示するためにわざわざこの建物を建設したという。

 

P3260223

もうひとつ見つけたあたらしいお店、「岩船屋」。 いろいろなお団子を売っていた。

P3260242

 

写真はすべて カメラ OLYMPUS OM-D E-M10  レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

posted by ちゃきん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録

2009年07月18日

【備忘録】サザエさんの宣伝効果と費用

いささか旧聞に属するが、備忘録として。

サザエさんが訪れれば観光客倍増!? サザエさんオープニングに隠された裏側

 新潟県と県観光協会は、今回のサザエさんのオープニングを制作するにあたり候補地の選定や現地視察の協力に加え、県観光協会が協力費800万円を負担したそうです。

 協力費といいつつも、要は宣伝費みたいなものなのでしょうが、この800万円という金額が高いのか安いのか、いまいちピンときませんよね。なお、これまでに放映された県や市などが負担した金額は、

・2001年の愛媛紹介で愛媛県が630万円
・2002年の岐阜紹介で岐阜県と県観光協会が約700万円
・2007年の愛媛紹介で松山市などが840万円
・2007年の富山紹介で富山市が840万円
・2008年の山口紹介で山口県が630万円

中略 

日曜日に『サザエさん』が放送されている時間帯に60秒のCMを半年間放映するには最低でも1億円弱ぐらい(場合によっては数億円)が必要なのだとか。

確かに、日曜のあの時間枠、しかも視聴率が見込める番組のCM枠を半年、800万円で購入したと思えば超格安料金。

posted by ちゃきん at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録