2005年12月17日

紫色の鴨汁

親から鴨肉をもらってきた。よし、これで鴨汁を作ろう。


ネットでレシピを調べてみたが、さすがに鴨汁は全国一般的には個人で作る料理の範疇には入っていないらしく、検索してもあまりヒットしない。いくつかヒットもしても、それはうどんとかおそばとかの汁。鴨南蛮だったりする。


そんななかで、ようやく見つけた鴨汁レシピ。「サツマイモ」を入れると美味しいと書いてあった。台所をごそごそと探すと、それらしいイモを発見。かなり大きいので半分に切ってみると、なんと断面が紫色。


うーむ。


しばし考えること1分。(うそ、実は10秒くらい)


まあ、芋には間違いないから、ちょっと色はあれだけれど入れちゃえ入れちゃえ。と、鍋にぶち込み、その他の材料と煮る。


えーと。


鴨汁がじつに見事な紫色になりました。紫です。紫。どう見ても食べ物として美味しそうに見える色ではありません。ごまかすつもりで味噌をだぱだぱと放り込んでみましたが、すると、味噌の色と紫が混じって、更におぞましい色になっていくではありませんか。あぶないあぶない、あぶなーい。(松木調)


うげげげ。


食べ物としてとても致命傷的な色になりました。帰って来た嫁に速攻で謝りました。「ごめん、なんだか鴨汁がとんでもないことになったよ」と。


でも食べたら芋の甘みが良く出ていて、美味しかったです。

posted by ちゃきん at 22:07| Comment(7) | 日記
この記事へのコメント
芋の皮をむきましたかな?
生の芋って意外とアクがあるみたいですね… >紫色の原因と思われる.
きんとんのように皮をむいて,水でさらしてアクを抜いてから作るのも一手かと思う.

きんとんと言えばお正月の栗きんとん.
今年もあと10日とちょっと.
でも,全然っ年末の雰囲気を感じません.
Posted by 南万 at 2005年12月20日 01:40
紫色>くちなしの実orサフランで着色・・・・・は無理か。

えてして料理に心得があると何かの拍子に「悪魔のささやき」が聞こえる事がある。
「なんとかなるだろ」
「これを入れたらもっと美味くなるかも」
料理をしない人間には決して聞こえることはない。

アリエナイ瞬間ガアル!
Posted by おれ at 2005年12月20日 07:40
芋の皮、むいたむいた。で、嫁は芋の残り半分をご飯と一緒に炊いたわけだが、いやもう、紫色で。
--
私の場合は基本的に何でも食べられるから、悪魔のささやきに負けたとしても、不味いというよりは「ユニークな味」って感じになります
Posted by ちゃきん at 2005年12月20日 10:07
昨日紫イモのアイスを食べました。要するに、あれが鍋に溶けたときの味と、かなり近いということですよね。正直微妙な気がします・・・。
Posted by ぱお at 2005年12月26日 11:29
いや、味は美味しいっすよ。問題は色だけ。あれはやっぱり不気味だわ。
ちなみにこれで炊き込みご飯作ってました>嫁
したら、ご飯が紫色にそまったっけねw
Posted by ちゃきん at 2005年12月26日 12:01
うーん、紫の炊き込みご飯ですか・・・。アメリカのコンビニで、そんな色のケーキが売られていそうですね。ちなみに私、真緑と真紅のケーキをニューヨークで見つけて、ぶったまげた経験があります。
Posted by ぱお at 2005年12月28日 13:45
あ。

>>アメリカのコンビニで、そんな色のケーキ

嫁が紫色のご飯見て、全く同じコト言ってました。
Posted by ちゃきん at 2005年12月28日 17:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。