2005年09月14日

町屋の屏風まつり



益田甚兵衛酒店


村上の「町屋の屏風まつり」に妻と行ってきた。
村上市内の民家、あるいはお店がそのままギャラリーとなって、それぞれの家に代々伝わる屏風が、生け花や古民具などと一緒に飾られる。展示されている屏風も民具も、江戸時代末くらいのものから昭和初期のものまで様々だ。
100年、あるいはそれ以上の歴史を重ねてきた品々が主役のまつりだが、この屏風まつりそのものは2001年に始まったばかりの新しいイベントだ。


村上には、400年近くの歴史がある村上大祭という祭りがある。 家々では、この祭りの時に道路に面した部屋に屏風を立て、その前で親戚や近隣の人、友人などが集まって飲み食いしながら騒ぐのが昔の村上大祭の光景だった。しかし、昭和も終わりになる頃には、屏風は土蔵の奥深くにしまいこまれ、村上大祭の時にも飾られることはなくなっていった。


「埋もれてしまった村上の文化に、光を当てよう」


衰退していく一方の村上商店街の将来を憂い、この新しいイベントの働きかけをしたのが、鮭の加工品などを作っている「味匠 きっ川」の若旦那、吉川真嗣さんだ。商店会や青年会などの会議から生まれたアイディアではなく、たった1人の村上の将来への危機感から生まれたイベントが、たった4,5年でここまで大きくなったのがすごい。


城下町であり、戦災にあわず、新潟地震にも大きな被害がなかった村上では、古くからの生活用品が沢山眠っている。3月に開催される「人形さまめぐり」や、この「屏風まつり」によって、『今まで何が入っているのか良く分からなかった』土蔵の中を掘り起こすこととなり、その結果江戸から明治、そして昭和の戦争中にかけての生活の品々が眠っていることが分かったという。 中には、「一体なにに使うやら良く分からないままに、見た目がきれいだから飾っておいたら、観光客に用途を説明されてようやく理解した」ようなものも多くあったという。特に今回の屏風については、鑑賞に訪れたて来た、書に詳しい人、絵画に詳しい人から説明されてようやく意味を理解した屏風の持ち主も多いらしい。というか、ほとんどの人がそうだったらしい。


今回屏風まつりに直接参加しているお店と民家は約60軒。それ以外にも、玄関から見えるところに屏風を立ててゲリラ?参加している家を沢山見た。60軒もあるので全てをまわることは無理だろうから、ある程度有名どころに絞らざるを得ないだろう。これから初めて行く人のために、私が見てきた中からいくつか書いておく。


「やまきち」「九重園」「山上染物店」「きっ川」「松本園」「早撰堂」「吉川酒舗」、そして私としては商店街から少々離れた場所にあるのだが、「益田甚兵衛酒店」にも足を運んで欲しいと思う。


9月30日まで開催しているので、暇な人は当然として、忙しい人も時間を作ってでも一度は見に行くことを強く勧める。閲覧は全て無料だが、あくまで各家での好意で公開していることを忘れずに。入るときの挨拶、見た後のお礼など、人としてのマナーが欠落している人は行っちゃダメ。写真撮影不可の家もありますから注意。




味匠 きっ川

posted by ちゃきん at 14:11| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
なんかさぁ?、すっげ、村上に詳しくなったんだね。
ピンとこないお店屋さんの名前がある。。。
・・・ちょっと悔しくて、そして寂しい。。。

新潟発>
買いました。綺麗な写真をありがとうございました。
村上で沢山売れるとイイナ。
Posted by みゆき at 2005年09月15日 16:44
こんばんは。
すっかり村上づいてますね?。

いま屏風が飾られているかはちょっと?ですが、小町坂を下った庄内町や塩町のあたりも、町並みが良く残っていますよね。「大八車」の古いカンバンのはまったお宅が、個人的には一番のお気に入りです。

新潟発>
私も読ませていただきやした。箱階段の写真カッコ良かったですよ!
Posted by ワタナベ at 2005年09月15日 21:06
みゆきさん、ワタナベさん。
お買い上げ、そして感想ありがとうございます。そしてみゆきさんは親戚中に宣伝してください(をい)

最初は仕事で行っただけの村上でしたが、いろいろな人と話をするうちにかなり好きになりました。本にも書きましたが、家の中を公開することによって、自分たちの中に伝わってきた文化に誇りを持ち、目が輝いてきた。そのパワーがキラキラして素晴らしいのです。これって、アルビレックス新潟に出合ったことによって「アイシテルニイガタ」なんて言葉を、恥ずかしげもなく言えちゃうようになった現象と、ものすごく私の中で通じるものがあるのですよね。
Posted by ちゃきん at 2005年09月16日 08:20
こんにちは。小諸の風です。
吉川さんつながりということでTBさせてください。よろしくお願いします。
Posted by 小諸の風 at 2006年04月30日 12:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。