2005年09月08日

「新潟発」村上特集

「新潟発」05年秋号 村上特集 780円 恒文社


 まるで愛人でもいるかのように、村上に通った結果が出来上がりました。村上では9月10日から「屏風まつり」が開催されます。もちろん私も妻と行く予定。春先にもJTBの「るるぶ」で村上を担当し、取材に行ったのですが、今回さらに濃密?に村上に行き、かなりこの街が好きになりました。


村上特集のうち、歴史ページ以外はほぼ私が書きました。屏風の部分と日本酒広告部分は編集者とカメラマンとの3人で三日がかりで取材したのですが、24ページから29ページにかけては写真も含めて、自分ひとりで取材にまわりました。


薄暗い屋内での撮影なので親の三脚を借りて撮影に向かったのですが、縦位置の取りにくい三脚なので苦労しました。しかも当日はフェーン現象のためにものすごい暑さ。 気温の暑さと緊張から汗びっしょりになっていた私に、取材に応じてくれた人たちもびっくりしたことでしょう。 室内の自然光で撮影したのですが、自然光といっても本当に自然の光だけでは真っ暗になります。村上の町屋はそういうつくりなのです。したがって部屋の中の蛍光灯や電球の明かりで撮影するのですが、そうなってくると今度はホワイトバランスをとるのが難しい。とにかくすったもんだの挙句、「えいやっ!」と、カメラ任せのオートで撮ったりしてました。でも28ページの箱階段は、それなりに雰囲気を出せて撮影できたと思うのですが、どうでしょう?


確かにフィルムカメラに比べると、再現できる色の幅でどうしても劣るデジタルカメラですが、一度これに慣れるともうフィルムに後戻りできません。「島へ。」の仕事も、実は出来ればフィルムで撮影して欲しいとお願いされたのですが、こちらのわがままでデジタル撮影にしてもらいました。 ちなみに使用しているのはNikonD70です。これはアマチュア向けのデジタル一眼であってプロフェッショナル仕様のカメラではないのですが、ほとんど何の問題もありません。


ちなみにデジタルカメラといえばどうしてもまとわりつくのが画素数。いまや携帯カメラでも200万画素とか平気であります。NikonD70は最高で約600万画素なんですが、実は私、よほどのことが無い限りは300万画素のモードで撮影しています。A4の大きさをフルに使うのであればともかく、カット程度の写真ならば300万画素で十分です。これから購入予定の人、仕事で使うならまだしも、個人利用程度なら画素に振り回されないほうがいいですよ。私の携帯電話にも200万画素のカメラがついているのですが、フルサイズで撮った写真の画質なんか「だまされた!」以外の何物でもないですから。


まあそんなわけで、「新潟発」。買って下さいぜひ。新潟県内での書店が中心ですが、一応全国発売の本です。東京あたりなら大きな書店に行けば入手できる。。。はず。

posted by ちゃきん at 16:30| Comment(8) | 日記
この記事へのコメント
発売、おめでとうございます。
ぜひ買います。
ちゃきんさんの目に、我がふるさとがどんなふうに映ったのか、楽しみです。
以前こちらにいらしたワタナベさんにも是非見ていただきたいわぁ??。
Posted by みゆき at 2005年09月09日 16:47
こんばんは。
早速やってきてしまいました。ワタナベです。
いよいよ発売ですね。明日にでも大型書店に行ってみます。みゆきさんと同じく、我が故郷がどんなふうに紹介されているのかヒジョーに楽しみです?。表紙も村上らしからぬ(?)カッコ良さだし!

>よほどのことが無い限りは300万画素のモードで撮影しています。
私も業務用にデジカメを使いますが、200?300万画素くらいで足りるカットの撮影がほとんどです。今週、ついに自分専用のデジ一を購入したのですが、多分そのくらいの画素数で撮るのがメインになりそうです。銀塩では難しかったストロボ調光が楽になるのが何より嬉しいです。

なんだか長くなってしまいました。それでは!
Posted by at 2005年09月10日 03:43
おおー。ワタナベさんおはこんにちばんは。
ちなみに「村上城」のサイトは恒文社の編集部でも大反響!でした。

※ブログの中身を少々いじったら、コメントを投稿する前に「確認」すると、名前が消えるようになっちゃいました。ごめんなさい。
Posted by ちゃきん at 2005年09月10日 08:25
こんにちは。検索していましたら、貴HPにたどり着きました。
「新潟発」の村上特集では弊店も取り上げていただいて、ありがとうございました。
表紙など、どこの邸宅かと思わせるような仕上がりに、家の者はしきりに感嘆しておりました。さすがプロフェッショナルの技術ですね。表紙を見て弊店にお越しの方は「ひょっとしてこのあばら家があの表紙の家?!」と思っておられるのではと、ちょっとドキドキしたりしていました。

新潟発、残念ですが休刊なのですね。
でもまた取材などでお会いできればと思います。

3月の人形さま巡りの準備、もう始まっています。ぜひまた村上にお越しください。お待ちしています。
Posted by 市丸 at 2006年01月04日 16:29
うわー  っと、驚いた。まさかブログを発見されるとは。悪いことはできないものです。(してないしてない)
昨年は何度も取材に伺わせていただきました、ササガワです。その節は大変お世話になりました。

そうなのです、新潟発が休刊になってしまいました。本当に残念です。
とはいえ、JTB「るるぶ」の仕事でまた今年も伺わせていただく予定です。よろしくお願いします。
Posted by ちゃきん at 2006年01月05日 17:23
市丸さま、ココでははじめまして。

・・・実はアタクシの実家は貴女と同じ町内で、アタクシは貴女のお姉さまと同級生ですの・・・

悪いことはできないものです。(してないしてない)
Posted by みゆき at 2006年01月06日 19:03
みゆきさん、こんにちは!
私には姉はいませんが妹はおりますので、もしかしたら私があなたと同級生なのかもしれませんね。
ここで巡り合えるとは、ちゃきんさんのお導きなのでしょうか(笑)
今は村上にはいらっしゃらないのかな? もし村上に帰ってきたら、ぜひとも遊びに来てくださいね。
Posted by 市丸 at 2006年01月07日 11:27
はじめまして、photo_hiyoriと申します。
昨年秋、屏風まつりで村上を訪れた際に、「新潟発」の表紙に魅せられ、衝動買いしてしまった者です。
「下手の横好き」で写真を趣味としておりますが、まさに私好みの写真ばかりで、参考にさせていただいているところです。

あちこち彷徨って、こちらにたどり着いたわけですが、自分のお気に入りの記事を書かれた方にめぐり合えるとは!と、ひそかに感動しておりました。と、同時に、「新潟発」05年秋号を読み返していたところです。

(「人形さま巡り」の際に、じっくりお話しさせていただいた「山上染物店」と「吉川酒舗」さんの記事が出ていたことを失念していたことに、今さらながら気づいてしまいました…)
Posted by photo_hiyori at 2006年05月02日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。