2009年09月07日

レンタルP箱

090907~1.jpg

日常生活の中でよく見るのだけれど、名称がわからないモノというのは案外多い。

たとえば酒屋さんが配達などに用いる、一升瓶が6本はいるケース。 今までは「お酒用のケース」とか「一升瓶が6本はいる、プラスチック製のケース」などという身も蓋もない呼び方をしていたけれど、 ─というのは半分嘘で、正確に言うと、ここまで特に「それ」の名を呼ぶ必要もなくここまで生活してこれたのだけれど─ 名称は「レンタルP箱」。 Pがなんの略なのか、今朝見た記事には書いていなかったけれど、プラスチックなのかしらん? 実はあの箱、レンタル会社が酒造メーカーに貸し出しているものであって、当然返却しなければならない品物なのだそうだ。

レンタルP箱。 だそうだ。覚えておこう。将来なにかの役に立つかも知れない。「誰か!お客様の中で、どなたかこの箱の正式な名称を知っている人はいませんか!?」と、フライト中の飛行機の中で添乗員に呼びかけられるかも知れないではないか。そこで颯爽(さっそう)と、名乗り出るのだ。「これはレンタルP箱ですね」。なんて。

よし覚えた。レンタルP箱。

さて、このレンタルP箱。 私にとっては酒屋の配達なんかよりも、盆栽の置き台や脚立代わりの踏み台、夜の屋台では椅子代わりに使われている状態で接することが多い。軽いし丈夫だし、とても便利だ。 ところが本来レンタル元に返却しなければならないものなので、このように私物化されてとても困っているとのこと。今、返却を呼びかけているらしい。うーん、そういえばわが家の父母も、なにかの台として庭で使っていたような記憶があるな。

posted by ちゃきん at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
はじめまして
P箱に関しまして、早速取り上げて頂き誠に有難うございました。
私は、レンタルP箱を所有している会社員です。
どこかしこに私どものP箱が目に付くと思います。正直申し上げまして集荷するに当たり苦労しております。
この様にブログに掲載して頂き一人でも多くの人に見て頂き、認識して頂ければ幸いです。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。
先ずはご挨拶まで。
Posted by 石井裕之 at 2009年09月14日 10:43
>石井さん

はじめまして。こんにちは。
というか、こういうコメントを頂き、びっくりしています。
このブログがどれだけ役に立てるのかは分かりませんが、ひとつでも多く返却されるといいですね。

Posted by ちゃきん at 2009年09月14日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31958310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック