2009年06月08日

芝生日記。リビエラ・ムーンライト混合

何度かいい加減にトライしては失敗を繰り返していた西洋芝への張り替え。今回もうちょっと腰を据えてやってみることにした。

ネットで他の人の様子を見聞きして、それなりに参考になったり安心材料になったりした。なので少しは誰かの役に立ちますようにということで、芝生日記をあらためてつけてみる。

ここまでのあらすじとしては (あらすじ?)

  • 筆者は新潟市在住
  • マンション一階なので庭がちょっとばかりある
  • マンション所有の庭 ということで、芝生以外は植栽できないことになっている
  • 最初に張られていたのは高麗芝、だと思う。

さてここからスタート。

いきなり全面張り替えは労力的にも、また度胸の上でもやりづらいために、半分にトライ。

5月1日ころ作業開始。面積はおよそ3×4mの12u。

掘り起こし、それまでの芝生をバリバリと撤去。半日作業だった。 はがした芝は日に数日さらし乾燥させた後、ばんばん叩いて土を落とし、ゴミとして出す。写真の新潟市指定ゴミ袋大で三袋ほどになった。

090506_022.jpg

芝の種は タキイのネット販売から購入。→タキイ種苗芝生

タキイのサイトの品種カタログページで、

「中間暖地」→「年中緑の芝生にしたいですか・はい」→「ウインターオーバーシードをしますか・いいえ」→「寒冷型芝生だけで年中グリーンを保たせますか・いいえ」と選択。 その結果、夏芝(バミューダグラス)としてリビエラを、冬芝(ブルーグラス)としてムーンライトという品種がオススメと出た。素直に従うことにする。

リビエラの特徴としては、夏の繁殖力が旺盛ですり切れに強く、サッカー場などに適する。夏芝なので冬は休眠するが、春の萌芽が早い。ムーンライトの特徴は、冬芝だが耐暑性も高くうまくいけばこれ一種で年中緑が期待できるという。詳細は上記タキイのサイトをご覧のこと。

リビエラを小袋で2つ、ムーンライトは小袋が売り切れていたので、1kgを1つネット販売で購入した。合計約5千円なり。注文した四日後に到着。この二種類を混合して撒く。 混合率はタキイネットの説明によると、ムーンライト70%・リビエラ30%の重量比。つまりは約2対1の割合で混ぜる。

090527_648.jpg

リビエラの種は紫色にコーティングされている。これは殺菌と発芽促進の薬品が混ぜられているのと、撒いたときに目立ちやすくするのが目的だそうだ。ムーンライトの種はリビエラに比べるとかなり小さい。

合計播種量は1平方メートルあたり20〜30g。 ところが私は量を勘違い。一回目の播種は1uあたり10グラムとだいぶ少なかったのが後日判明。従って、しばらく様子を見てから追い撒きするとにした。結果的に追い撒き分と、6月になって追加した面積分も含め、ムーンライトを約300g、リビエラは1袋を使った。現在まだ半分以上残っているが、これは秋にでも撒く予定。

播種の方法はわりとおおざっぱ。 手で撒いた後、ホームセンターで購入した芝の目土をふるいを使ってかけていく。軽く覆う程度、厚さは3mmくらいか。ホームセンターで購入した20リッター入りの目土を2袋使用した。

ひとつ大きな問題がある。わが家は場所的な原因もあって、時々猛烈な風が吹き抜きていく。ある日など、土を入れたプランターが吹っ飛ばされ、お隣さんに迷惑をかけてしまったくらいだ。 冬には物干し台が倒されたこともある。当然むき出しの土や砂など、いとも簡単に吹き飛ばされてしまう。

過去何度か思いつきでやった芝生の播種も、この風のために大失敗している。今回少しは学習したところを見せなければならないので、不織布を購入しべた張りする。80cm×8mで980円くらいだったと思う。

090514_229.jpg

090514_230.jpg

この日以降、ほとんど雨が降らなかったこともあって毎日散水。日によっては朝と夕方の二回。

播種8日目、不織布をめくってみると芽が出ていた。

090519_417.jpg

↑クリックで拡大

後で分かったことだがこれはムーンライトの芽、ひょろりとした細い芽が一本出てくる。逆にリビエラは発芽まで20日近くかかった。↓この写真も同日、播種8日目。遠くから見たのでは、ほとんど緑になっていない。

090520_434.jpg

さらに一週間経過。

090525_571.jpg

播種14日目。最初に撒いた量が少なかったので、芽の出ていない場所に追い撒きをする。同時に不織布を撤去。 ただし翌日あらためて不織布をかけることにした。本当に不織布を撤去したのは播種20日を経過してからだった。

一週間経過。

090602_1005.jpg

↑6月2日の写真。

ムーンライトはだいぶ伸び、分けつ(ひとつ株から別の茎が出てくること)も始まった。じっと観察すると別な芽が出ていることに気付く。リビエラの芽だ。

090602_1001.jpg

ムーンライトに比べると色も形も異なる。 ムーンライトは新緑の淡い緑、対してリビエラはかなり濃く青に近い。そして葉のフチが紫色。 ムーンライトは一本の細い芽が出てくるのに対し、リビエラはいきなり二枚の葉が出てくる。葉が平行脈の植物は単子葉の芽が出てくると思いこんでいたのでちょっとびっくり。

それにしても発芽が遅いぞリビエラ。 確かにタキイのサイトにも「初期成長は遅い」と書かれているが、想像以上の遅さ。

ネットで他の人の情報を見ても、たとえばリビエラのみを植えた人はあまりの発芽と初期成長の遅さにイライラ。「もしかして失敗したのではないか」と不安に駆られていた様子。 ある人のブログには「芝生らしく成長するまで2か月もかかった」という記述も。 ただし一度成長してしまうと、夏の繁殖力はかなり強烈らしい。頑張れリビエラ。頑張って早く匍匐茎を出すくらいに成長しろ。 と、サルカニ合戦のカニみたいな気分になる。

ムーンライトはかなり成長。↓クリックで拡大

090602_1003.jpg

四日経過。

6月6日、庭の別部分 ・・ここもカラスなどのためにボロボロになっているのだが・・ を、完全に芝生をはぎ取るのはやめて、草取りの要領で鎌で表面を刈り取る。今度は規定量を守って混合種を撒く。

090606_1238.jpg

090608_1266.jpg

2日と比べてもだいぶ芝生っぽくなってきた。でもリビエラはというと、

090608_1297.jpg

6月2日の写真と同じ芽です。リビエラだけを撒いていたら、きっと我慢できなかっただろうなと思う。

090608_1277.jpg

とりあえずここまでの記録。

肥料は播種20日目くらいに、粒状の有機肥料をパラパラと撒きました。

posted by ちゃきん at 17:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 芝生
この記事へのコメント
はじめまして。
家も今月西洋芝の種蒔きをしました。
悪戦苦闘中です。
色々参考にさせて頂きます。

またお邪魔します。
Posted by rix at 2009年06月26日 11:02
rixさん

わーい。まともなコメントは何ヶ月ぶりだろう。いらっしゃいませ。

調べるほどに混沌の淵に沈み込みますよね、芝生の育成方法は。 私は新潟市なのですが、地域によって違いは大きいですし、参考になるかどうか自身がありません。そもそも私自身が初チャレンジです。

互いにがんばりましょう。

ちなみにわが家の西洋芝。さっそく飼い犬のおしっこで円形脱毛症になっちゃいました。 耐塩性は高麗芝の方が強いみたいですね。西洋芝はおしっこに弱いようです。しくしく。
Posted by ちゃきん at 2009年06月27日 00:09
初めまして
初めて 西洋芝の種まきに挑戦します。
18ケ月前に芝張りした姫高麗の一部が どうも根腐れした模様でスカスカ(涙)
補修の意味で、”ちゃきん”さんと同じ品種で 種をまいてみようと・・
ところで、混合割合は、1平方メートルあたり リビエラ10g+ムーンライト20g
でいいんですよね!
参考にさせていただきます。
私の場合は 地域は 九州・福岡ですから 夏場から秋にかけて かなり高温
ムーンライトが 夏越できるかどうか??
まだ、種も撒いてないのに!!  今後ともよろしくお願いいたします
Posted by 芝徒然 at 2017年03月28日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29678864
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック