2008年08月08日

嫁ががんばりをほめてほしいらしい

20080806_028.jpg

「私最近とてもまじめに料理しているでしょ。だからちゃんとブログにそう書いてね」と嫁。

書くのはいいのだけれど、それはつまり今までまともに料理していなかったと世間に広めるようなものになるが、いいのかな。いいのだよねたぶん。 いえいえ、今までも嫁はちゃんと料理していましたよ。うん。

退院から2ヶ月過ぎて体力が回復してきたのと、毎日仕事の社員から週2〜3日のパートになったことで時間の余裕が出てきたことから、ここ最近、嫁がいろいろと料理の研究をしている。前回書いたように、7月中旬くらいから野菜が大量にあふれていることもあり、レパートリーが少ないとそれこそ毎日同じものばかり食べることになってしまう。したがって、料理方法を工夫しながら変化をつけなければならないわけである。

おとといはテレビで見てヒントを得た、冷製の味噌汁韓国風を作っていた(写真)。唐辛子が入っていてピリ辛。私の家からもらってきたミョウガも入っていた。これは嫁としてはかなりの進歩だ。なにしろ嫁はこの種のものが大嫌い。結婚当初なんて、ラーメンを食べに行った際など、「これ、あげるね」と、中に入っているネギをひとつ残らず私のドンブリに入れていたくらいだ。

20080807_047.jpg

昨日は、大量にあるジャガイモもなんとかしようと、ビシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)、ジャガイモのコロッケ、ポテトサラダを作っていた。 あ、写真撮り忘れた。

まさしくジャガイモ料理のオンパレード。しかも、つぶしたり裏ごししたりとなかなか体力のいる料理。 「できあがったわよ」という嫁は、すでにへろへろに疲れ果てていた。「食欲なくなったわ」と朽ち果てていた。合掌。

posted by ちゃきん at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17741457
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック