2008年08月02日

買わなくて済む野菜

080802_1467.JPG

おそらく新潟の家の多くが似たような状況かとおもうけれど、農家でなくてもこの時期は野菜に押しつぶされそうになる。野菜は買うものじゃなく、もらってくるもの、回ってくるものだ。

我が家の場合、大量の野菜の供給源は親だ。 自家菜園で作った野菜の他、老夫婦二人ではとても食べきれないものが最後に我が家にまわってくる。

母親の田舎は山梨なのだが、その親戚が桃やブドウ、その他いろいろなものを母のところに送ってくる。食べきれない量なので母はご近所に配る。すると数日後、そのお返しにと近所の人が自家菜園で作った野菜や、旅行の際に買ってきたお土産などを母のところにもってくる。 ここで止まればご近所づきあいの美談だが、なにしろ農業地域なゆえ、「あたしの実家が農業で」なんて人が一人でもいると、それはちょっとお返しとしていかがなものかと思える量を持ってくるのだそうだ。 そして、とても老夫婦二人では食べられない量に積み上がる。 母や父は食べきれない分を、週に一、二度集まるサークルに持って行き、配る。 すると数日後、そのお返しにと… 以下これの繰り返し。

こうなってくると、お裾分けというよりは食べ物の押し付け合いに近いのじゃないかと思うけれど、一番末端でおこぼれに預かる我が家としては一番得をしているわけだから、からかいは入れるべきじゃないな。ごめんなさい。

今日も 「食いきれないほど野菜があるから、取りに来い」ということで実家に寄ってきた。ジャガイモ5キロを筆頭に、トウモロコシ、トマト、キュウリ、シシトウなどなど。

うひゃあ! って感じだ。もう食いきれない。野菜が怖い。

でもって、こんどは脂じゅうじゅうの、お肉が怖いとつぶやいてみる。

posted by ちゃきん at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17543254
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック