2010年04月16日

芝生日記。手動芝刈り機の刃を研磨した。

三月下旬から、ムーンライト(ケンタッキーブルーグラス・冬芝)が伸び始めた。 そろそろ芝生の手入れも始動しようということで、まず初めにやったのが、くるみさんのおしっこ対策。

100403_8738.jpg

なにしろまともにおしっこをされると、効果てきめんにこのとおりだもの(泣く)。

既製品の柵は、たとえば竹製でも長さ1メートルで二千円とかそれなりの値段がする。そんなに立派なものは必要ないので自作することにした。ホームセンターにて、竹と塩ビパイプを購入。費用は1500円くらい。

100409_9015.jpg

100416_9072.jpg

100416_9040.jpg

普通のわんこさんならこのくらいの高さは「ひょい」と超えてしまうのだろうけれど、そこは筋金入り根性なしの彼女のこと、もう全然だめ。 トライもせず試合放棄。

次に芝刈り機の刃の研磨。 新潟市、河渡のコメリパワー、園芸センターで以前から探していた研磨セットをようやく発見。1980円は高いなと躊躇したが気合いで購入。 リールを逆転させるためのハンドル、研磨剤、ブラシ、それと芝刈り機の製品によっては必要になるピニオンキーがついている。

100416_9047.jpg

わが家の芝刈り機は5年ほど前にホームセンターで購入した8千円程度のもの。 県内燕市にある本宏製作所の手動芝刈り機ジョイフルモアー、型番はJH250だ。 研磨セットが使えるかどうかが心配したが、結論から言うと問題なしだった。 誰かの役に立つかもしれないので、手順を説明しよう。

100416_9049.jpg

研磨前の刃。写真ではちょっと分かりづらいが、かなり錆びている。なにしろ四年間、一度も研磨していなかったのだ。

100416_9052.jpg

当然のことながら、作業の際は軍手必須。 芝刈り機をひっくり返し、片側の車輪(両輪する必要なし)のキャップをマイナスドライバーを差し込んで外す。

100416_9053.jpg

100416_9055.jpg

車輪の軸受けにある金具を、ドライバー、あるいはラジオペンチで外す。 ちょっと力が必要。

100416_9056.jpg

車輪を外す。刃を回転させるピニオンギアが見えてくるので、これも外す。

100416_9058.jpg

100416_9059.jpg

100416_9061.jpg

ハンドルの形状は無事に合い、一安心。軸に入っているピンは簡単に抜けてしまうので無くさないように注意。 もしも外れた場合、向きに正逆があるので、間違った方向に差さないようにしましょう。(ギアをつけて回転させてみれば、分かるはず)

100416_9064.jpg

ブラシで研磨材を刃に塗ります。

100416_9067.jpg

固定刃調整つまみをやや強めに閉めます。

100416_9065.jpg

ハンドルを逆回転させます。刃でケガをしないようにくれぐれも注意!

ガリガリガリと大きな音がしますが、10秒も回していると静かになります。

100416_9066.jpg

研磨作業を二度繰り返しました。刃はこの通りにピカピカ。

固定刃調整つまみを調整し、刃がわずかにこすれる程度にします。試し切りで広告チラシを挟み込み、リールを回転させてみると、、、

100416_9069.jpg

見事にすっぱり。

100416_9070.jpg

さっそく伸びている部分を刈ってみた。 すっぱりと、実に気持ちいい切り口。

100416_9074.jpg

写真右側の高麗芝ゾーンも、芽らしきものがちらほらと見えてきました。

posted by ちゃきん at 11:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 芝生