2009年05月14日

親ばか日誌

くるみさん(Mダックス)の朝の予定としては、まずはトイレでおしっこ、それから庭に出てうんちである。

本当はおしっこも庭でやりたいらしいが、臭くなるし芝はめためたになるしで、「トイレでおしっこをしたら庭に出してあげるね」というしつけをしている。

朝、さっさとおしっこをするかというとそうでもない。なんとかして庭に出るチャンスはないかと様子をうかがっているし、ちょっと前なんて、トイレでおしっこをする 「ふり」 をしてこちらをだまそうとしていた。腹黒だ。誰に似たんだ、おい。

今朝も窓辺でうろうろ。庭に出たくて仕方ないようだ。
「おしっこは? おしっこをしたら出してあげるよ」と促しても、トイレの上にしゃがもうとしない。つきあっていても時間がかかるので、自室でパソコンを立ち上げ、メールチェックなどしていた。
しばらくすると、くるみさんがダダダッと駆け寄って、しきりに私の足をかりかりとひっかく。

この行動は通常 「あたしを膝の上に乗せなさいよ」という仕草だ。ところが抱きかかえようとすると逃げ、 「付いてきなさいよ」 という目で私を見る。 「なに?」。椅子から立ち上がると、くるみさんはダッシュで窓方向へ走っていった。

トイレを見ると、おしっこをした跡がある。

「おしっこをしたのだから、はやくあたしを庭にだしなさいよ」と、言いに来たのだろう。そう解釈することにした。うちの子って、賢いなー。

ああ、親ばか日誌。

posted by ちゃきん at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) |

2009年05月27日

アイスプラント

090527_642.jpg

元が取れているのかいないのか、そのあたりは定かではないけれど、毎年ミニトマトなどをプランター栽培している。

今年はアイスプラントというものを嫁が見つけ、現在栽培中。 アイスプラントは海水濃度レベルの塩水でも育つという植物だ。吸収した塩分は葉や茎などの表面に水泡として蓄える。その様子がまるで凍っているように見えることからアイスiceプラントと言われているのだそうだ。食べると塩味がするそうで、サラダなどの材料としてスーパーなどでもぽつぽつ売られているのを見るようになった。と、嫁は言っているが私はまだ見たいことがない。

アイスプラントを植えてから2週間が経過した。 成長力はとても旺盛で、葉を採っても次々と下から芽が出てくる。放置しておくとプランター全体を覆い、垂れ下がるほどに茂るらしい。

嫁は時々薄めの塩水を与えているらしい。確かに最初の頃には目立たなかった水泡が、表面のあちこちに大きくできている。

090514_236.jpg

初期のころは上写真の状態の水泡だったが、今では

090527_671.jpg

090527_668.jpg

ぷちぷちがぎっしり。 ひとつが0.2mmくらいの大きさか。それがびっしりと、人によっては神経を逆なでされるような様子になっている。カエルの卵というか、カマキリの卵というか。その手のものがキライな人にはたまんない映像。

この水泡は、株から葉を切り採るとしぼんでしまう。

090527_647.jpg

採取して1時間後くらい。

090527_646.jpg

水泡内の水が内部に再吸収されてしまうのか、こんな感じにつぶれてしまう。

090527_649.jpg

葉は肉厚。写真を見ると、2mmくらいはある。 まだまだ成長するそうだから、もっと厚くなるかしらん?

さて肝心のお味はというと、うーん、アロエのようなものを想像していたが、全然苦くない。 青臭い部分はあるにはあるが、まずくはない。そして確かに塩味だ。 似たもので例えると、スイカの赤くない部分、皮に近い箇所を食べているような感じか。

食材としては新しい存在なだけに、アイスプラントの調理方法は「あたらしもの好きが研究中」といったところ。 サラダだけではつまらないし、かといって妙な味付けをすると意味はないし、さてそのあたりは嫁が一生懸命考えています。こうご期待。 か?

posted by ちゃきん at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) |